HDD修復員 HDD守る隊

別のパソコンと接続

データ復旧を行う方法について説明していきます。
パソコンやハードディスクが壊れた場合それぞれ復旧方法は違いますが、ハードディスクが壊れている場合は一度ハードディスクを取り出した方が良いです。 続きを読む

寿命が短い

パソコンも高機能な機種も増えてきていますが、ハードディスクの場合は容量が多いものが増えてきています。
現在ではノートパソコンのハードディスクでも100GBというのも少なくありません。
通常の置型のハードディスクになると1TBといった非常に容量が多いタイプの物もあります。 続きを読む

様々な媒体

現在ではハードディスクのように周辺機器も様々ありますが、パソコンのようにインターネットを使える媒体も増えてきました。
スマートフォンやタブレットなどです。
スマートフォンやタブレットなどもパソコンと同様インターネットを使えるので、これから購入するという人はどれを選んだら良いのかわからないという人もいます。 続きを読む

フリーソフトで復旧

パソコンやハードディスクなどが故障した場合にデータが消えてしまった場合は「データ復旧」を行います。
そのデータ復旧を行う方法は様々あります。
業者に依頼して復旧してもらう、もうひとつはフリーソフトを使用して復旧してもらう方法です。 続きを読む

バックアップ

パソコンを仕事で使っているという人も多いです。
そういう場合に欠かせないのが「バックアップ」です。

バックアップというのは大切なデータを1つの場所ではなく、複数の場所に保存しておくということです。
例えばUSBメモリに保存しているデータを、ハードディスクにも保存しておくという方法です。 続きを読む

便利さ

パソコンやハードディスクのデータが失われた場合は、データ復旧など面倒なこともありますが、それ以上にパソコンは非常に便利なのです。
ここではその便利さについて説明していきます。

パソコンの便利のポイントとしては、まず何でも調べることができるということです。 続きを読む

業者に依頼

パソコンやハードディスクが壊れた際にデータが消えてしまうといった体験をしたことがある人も多いです。
そういう場合に一番やってはいけないことが、素人がパソコンやハードディスクを分解するということです。 続きを読む